新宿区・四谷の弁護士|浅香法律事務所
HOME>取扱業務

共有物分割

不動産の共有とは
不動産の共有とは

相続や合意により、不動産の共有登記は多くあります。
このような不動産の共有状態ですと、単独では、保存行為以外はできません。もちろん、処分(共有者の全員一致が必要)や、管理(共有者の過半数の同意が必要)も、単独ではできません。

共有物Q&A
「共有」の解消 

そこで、民法では、「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる」(第256条)と定めています。
協議による共有物の分割が出来ない時は、下記の2つの方法が定められています(民法第258条)。
1. 裁判所が共有物の現物分割を命ずる
2. 共有物の現物分割によって価格を減少させる恐れがある時は、裁判所は競売を命ずる

第三の方法 

共有不動産については、共有を解消したい共有者は、裁判所に分割を求めて、上記のように「分割」又は「競売」とすることになりますが、民法には定められていない「代償請求」という方法もあります。
一部の共有者に金銭を支払って、その共有者の持分を、特定の共有者の所有にする方法が判例で認められています。

御相談下さい。 
御相談下さい

当事務所では、共有不動産の処理について、これまで多くの事案を処理してまいりました。
共有不動産を放置しておくと、各共有者に次々と相続が発生して、法律関係が大変複雑になってしまいます。
不動産の共有でご不便を感じている方は、是非、当事務所までご相談下さい。
相談料は30分、5400円(税込)です。

問い合わせ