新宿区・四谷の弁護士|浅香法律事務所
HOME>交通事故Q&A

交通事故Q&A

私は、自家用車を運転して信号待ちをしていたとき、後ろからトラックに追突され、その後、首や肩にひどい痛みが生じ、また頭痛やめまいも起こり、病院に5ヶ月以上通院していますが、まだ治りません。損害賠償請求をしたいと思いますが、どうすればいいでしょうか。
まず、自賠責法に基づく強制保険による請求をすることが出来ます。

強制保険の保険会社が、各地の調査事務所に対し、政府から示された調査基準に基づいてあなたの損害額を査定し、賠償金が支払われます。

私の損害は全額強制保険によって補償してもらえるのでしょうか。
あなたの場合は、現実にかかった治療費と交通費、および通院中の慰謝料や休業補償費が損害だと思われますが、自賠責保険には死亡3000万円、傷害では120万円という限度額があり、その限度額を超えた場合には、任意保険によって、任意保険会社に支払いを求めることになります。
強制保険で支払いがされない場合には、相手方の任意保険で全額支払いを求められることになるわけですか。
基本的にはそのとおりですが、現実には、任意保険会社はあなたの損害については最低・最小限度の賠償提示しかしないのが通常です。

たとえば、入院慰謝料については裁判所基準では通院1ヶ月では28万円とされていますが、保険会社がこの金額を提示してくることは極めて稀です。

任意保険会社の提示額と、現実に裁判所で認められる額との差は、それほど大きいのですか。
保険会社にもよりますが、後遺障害が認められた場合で、等級が高い場合ほど保険会社の提示額は裁判所基準と比べて低い額となります。

このホームページで例示したように、任意保険基準と裁判所基準との間では、特に慰謝料や介護費用・将来の逸失利益について大きく違いが出ることが一般です。

任意保険会社の提示額については法律の専門家に相談した方が良いといえますか。
そのとおりです。

保険会社が提示した案については、裁判所基準に詳しい弁護士に相談してから示談書に判を押すべきです。

交通事故による私の痛みは既に3ヶ月ほど続いていますが、全く治る気配もなく、このまま続くと思われますが、これは後遺障害ではありませんか。
痛みや神経痛が止まらないとなれば、身体の機能の喪失ということになり、「将来においても回復が困難と見込まれる精神的または身体的な毀損状態であって、労働能力の喪失を伴うもの」と認められますから、後遺障害としてさらに後遺障害の慰謝料および将来に亘っての労働能力の喪失による一定の逸失利益が損害として請求できることになります。

この金額も、保険会社の基準と裁判所の基準では大きく違うことがほとんどです。

問い合わせ